「認知症」には主に、脳内で特殊なタンパク質の異常が起こってしまい、脳が萎縮をしていき、徐々に知的機能や身体機能が著しく低下するのが、『アルツハイマー型認知症』の症状になります。

認知症を発症させる要因としては、『脳出血や脳梗塞・くも膜下出血』などの脳血管の疾患によって、脳内にある細胞が壊されて引き起こされる『脳血管性認知症』をご存知でしょうか。また、このような脳血管の疾患による認知症を発症するリスクを下げていくために、日常生活で高血圧や運動不足・肥満症・糖尿病などに発症しない方法は、生活習慣を見直して注意をしておくことが重要なのです。

そして、その中でも、『高血圧』になっている方々というのは、正常値の方々と比較して、脳血管性認知症になってしまうリスクが高く「約5倍~10倍」に引き上げると言われるために気を付けておくべきでしょう。

予防対策の一種として、軽く汗をかく程度のランニングを行うことや、プールでの有酸素運動を、週3回以上は実践することをお勧めします。

また、普段の食生活においては、なるべく魚肉や野菜類を多く摂取していく習慣を付けることや、『ブドウやブルーベリー』には、「ポリフェノール」の成分が豊富に含まれているので、積極的に摂取することで、脳血管性認知症の予防には効果的であると考えられています。

貴方は毎日健康で楽しい生活をしたいですよね。それには、日頃から運動に取り組むことで、『脳血管性認知症』の発症リスクを軽減する効果が期待できます。アリシア 顔脱毛