宝塚歌劇団の男役の彩音星凪さん。2015年に101期生として入団しました。初舞台公演は、月組『1789—バスティ—ユの恋人たち—』でした。
月組に配属になり、2017年『All for One〜ダルタニアンと太陽王〜』では主人公ダルタニアンの少年時代に抜擢されました。7年目までの若手だけで演じる新人公演では、銃士隊を陥れるジャンを演じました。
2018年『カンパニー−努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)−』では、アイドルでクラシックバレエに挑戦する水上那由多を演じました。
2018年『エリザベート—愛と死の輪舞—』では、黄泉の帝王トートを取り巻くダンスのみで表現する黒天使に選ばれました。皇帝フランツがマダムヴォルフ率いる娼婦たちに誘惑されるシーンでは、トゥシューズで踊る娼婦に選ばれました。新人公演では、フランツとエリザベートの息子である皇太子ルドルフに選ばれました。また、皇帝を演じている美弥るりかさんが休演した際には代役としてハンガリーの革命家の1人シュテファンに選ばれました。ロスミン リペアクリーム Amazon