Month: 2月 2018

所得格差というのは必ずしも悪いものではないのではないか

私は決して政治に詳しいわけではありませんし、確固とした心情なんかがあるわけではありません。
なので、あまり専門的な話になると困ってしまうのですが、なんとなくこうした方がいいのではないかと思ったりすることはあります。
その中でも、特に最近思っているのは、所得格差の是正に関する是非についての話題です。
いろいろと所得の格差によって、生活や子どもの将来に違いが生じるというのは問題があると思います。
しかし、所得の格差自体が悪いような言われ方をして、安易に増税によって所得の格差を解消しようとするというのはどうかと思っています。
というのも、頑張って働いたり、良いアイデアを出したりすれば、ちゃんとお金が稼げるという前提を崩しかねないからです。
私はそれこそが資本主義という社会の根幹だと思うし、だからこそ働く意欲も出るのではないかと思っています。
どんなに頑張って働いてお給料をもらっても、「たくさん稼いでますね。では、税金を多く払ってください」と言われたらどう思うでしょうか。
私ならきっと働く気をなくしてしまうのですが、みんながそうなってしまったら、社会全体が停滞してしまいますよね。

イデコに申し込みました。会社が記載してもらわないといけないものもありました。

イデコの申し込みで記載する用紙は3枚ありました。その内、複写の物が2種類です。
その内の一枚が会社に記載してもらうものです。
会社によってはこの掛け金を負担してくれる会社もある様で、その様な記載欄もありました。
残念ながら私の会社にはその様な制度は無いので自分で支払いになります。
しかも、会社にはなかなか顔を出さないので紙を提出し、返してもらうまでにどれ位の期間を要するのか少し困っています。
これから月末で忙しくなるので、あまり仕事を増やしたくないのですが、こちらとしても早くお金を掛けて来年度の分の税金を減額して欲しいと思っています。
次に会社に顔を出すのは木曜日なります。
本来なら顔を出さなくてもいいと言われそうな勤務状況ですが、理由を付けて事務所に行く予定です。
事務所に行くまでに片道1時間半かかりますが、これは礼儀としてきちんと依頼しないといけいと思っています。
早く加入の手続きを済ませたいと思っています。